ガーデン&エクステリア工事なら新建エクスプランニング

メニュー
メニュー

HOME > スケッチブック

スケッチブック

  • Beautiful autumn colors (2017/11/02)

    秋が深まると木々が色付き、山々が燃える様に赤や黄色に染まります。なぜ木によって色が違うのか、不思議じゃありませんか?その紅葉、なぜ起きるのかご存知ですか?「実は良く分かっていない」と言うのが本当のトコロなのだそうです。

    Beautiful autumn colors

    Beautiful autumn colors

     

    赤く「紅葉」する樹が、糖分から赤色色素のアントシアンが生成され赤くなり、黄色く「黄葉」する樹は、黄色色素のカロチノイドが目立つようになり、葉が黄色くなる事は分っているようですが、上記いずれの色にならない「褐葉」と、赤くも黄色くもならない紅葉も存在します。

     

     

     

    Beautiful autumn colors

    Beautiful autumn colors

     

     

     

    で、実際のところ諸説あるようですが、紅葉のメカニズムは『謎』が多いそうなのです。

     

     

     

     

    まず木には一年中通して葉を付けている『常緑樹』と、一定の季節ごとに葉を落とす『落葉樹』がありますが、スギやマツ・コニファー等の『針葉樹』もございます。

     

    Beautiful autumn colors

    Beautiful autumn color

    『紅葉』と聞くと、モミジが有名ですが、モミジは赤く紅葉する代表選手と言えるでしょう。『黄葉』の代表選手は、イチョウでしょうか?両者ともに「落葉樹」ですが、狭義の意味で言うならば、落葉樹≒紅葉する、になりますが、広義の意味では『紅葉』は落葉樹だけに起こるモノではございません。

     

    Beautiful autumn colors

    Beautiful autumn colors

     

     

     

    植物は太陽の光を浴びて栄養を作る光合成をしていますが、光合成には太陽の光・温度・湿度が必要です。 太陽の光が少なく寒く乾燥している冬には、あまり活発に光合成することはできません。

    常緑樹や針葉樹も冬なると葉の色が変化する樹木もあるのですよ!

     

     

     

    その代表選手は常緑樹なのに真っ赤に染まる『オタフクナンテン』や『ドドナエア プルプレア』寒さが厳しくなるほど紅みが増してきます。

    Beautiful autumn colors

    Beautiful autumn colors

    Beautiful autumn colors

    Beautiful autumn colors

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    それでは、葉が一斉に落ちる落葉樹と古くなった葉が順に落ちる常緑樹の違いとは何なのでしょうか。

    それは葉の寿命の違いによるものとも、言えなくはないのです。

     

    落葉樹は冬の寒さと乾燥から身を守るために秋には葉を落とし、活動を停止します。

    常緑樹は一斉に葉を落とす事はありませんが、古くなった葉が順番に落ちて行きます。

     

    つまり、葉の命が潰える時『紅葉』するのかもしれない…と考えると、チョット切ないですね。

     

    実りの秋…だけど、落葉した葉は新しい命を生み出す力も持っています。

    自然ってすごいですね(涙)!

    Let’s enjoy autumn

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 『メンテナンスフリー』ってご存知ですか? (2017/10/21)

    『経年劣化』とか、『メンテナンスフリー』って言葉をって耳にしたことございますか?

    言葉通り、前者は『年を経て劣化する』と言う意味と、後者は『メンテナンス要りません』と言う意味で使われています。

    植栽にはレンガが似合います

     

     

     

     

     

     

     

     

    写真はメンテナンスフリーと言われているレンガ、時を経て劣化(美観的に)していくと言われている化粧ブロックと普通ブロック。

    この写真の化粧ブロックは、組積みされ約15~6年経過しています。

    レンガ&化粧ブロック&普通ブロック

     

     

     

     

     

     

     

     

    レンガと普通ブロックは約10年の時が経過していますが、」実は、、、恥ずかしながら1度も掃除はしておりません。

    化粧ブロック&普通ブロック

     

     

     

     

     

     

     

     

    レンガはどうでしょう、多少の汚れはありますが、美観を著しく損なっているとは言えません。

    これがメンテナンスフリーと言われる所以です。

    レンガ&化粧ブロック

     

     

     

     

     

     

     

     

    風雪に堪えてなお、その経年事態を「味わい」へと変えていく煉瓦の魅力を感じずにはいられません。

    私たちは、土から生まれた一個のレンガが無限の可能性を秘めていると考えています。

    オーストラリアレンガ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そんなレンガが大好きです。

     

     

     

     

     

     

     

  • 大人が愉しむ秋の庭 (2017/10/14)

    こんにちわ!新建エクスプランニングの渡部です。『大人が愉しむ秋の庭』が相模原市緑区に完成しました!

    秋の庭

    庭を眺めて愉しむだけでなく、趣味の時間を愉しみ、時に家族や友人と語らう場として、暮らしに溶け込んだ日々を『お庭』で過ごすのを愉しむ人々が増えています。

    s 様の奥様はフラワーアレンジメントを嗜んでおり、野の花の様な楚々とした草花がもともとお好きだとおっしゃっていましたので、その雰囲気を壊さぬように・・・。

     

    アクセント・ウォール

    素敵なファザードにもウリン材!

    ファザードを彩るアクセントウォールも、バランスがとても大切です!異素材どうしをいかにバランス良く配置するかが、美しく仕上げる『鍵』になります。

     

     

     

     

     

     

     

    ウリンデッキとオーニング!

    もともとは『和』を感じるお庭で、樹肌の美しい株立ちの『ヒメシャラ』がシンボルツリーとなり、雑木風の野性味あふれるお庭でした。

     

     

     

     

     

     

     

    リビングからの眺め

    硬質な『ウリン』を用いて、リビング前にウッドデッキ!自然素材にしか出せない材質感でしょ!

     

     

     

     

     

     

    リビングからの眺めも、明るいオーニングとシェードで一変しました。s様ご夫妻にも大変喜んで頂けました。

  • 簡単!おいしい!秋植え野菜 (2017/10/05)

     

    Mesclun

    ベイビーリーフ Mesclun

    こんにちは!新建エクスプランニングの渡部です!

    夏の暑さが落ち着いてきたら、秋から冬にかけてガーデニングを始めるチャンスです♪庭を華やかにしてくれるお花もいいですが、育てるだけでなく収穫も楽しみな野菜もいいですよ!

    10月は気温も下がってきて、病気や害虫の被害も減るので初心者でも野菜を育てやすい時期になります♪

    自分で野菜を栽培し、収穫することは、最上級の喜びです。自分で育てた野菜は、味も格別ですよ♪

     

    [ベイビーリーフ」としてスーパーでも見かける様になった〝リーフレタス”は、種を植えてから約30日で収穫することができる野菜です。

    初心者でも簡単に育てることが可能で、お肉との相性や食感がよく、手巻きずしやサンドイッチによく利用しますが、小さなプランターでも簡単に栽培し、味わう事が出来るおすすめ野菜ですよ。

     

    Japanese mustard spinach

    小松菜 Japanese mustard spinach

    「Japanese mustard spinach」英名でも〝ジャパニーズ”の文字が入っている、『小松菜』、育て易さと、その美味しさはたまりません!

    小松菜は中国原産の漬け菜の一種で、江戸時代に東京の小松川付近で栽培されていたことから、この名前になりました。関東の雑煮に欠かせない野菜で、現在も東京都を中心に、おもに関東で栽培されています。

     

     

     

    耐寒性が強く、冬でもよく生育を続けるので、「雪菜」や「冬菜」とも呼ばれ、関西では「畑菜」とも呼ばれます。寒さには強く、冬でも生育を続け、霜にあたって一層甘みが増しておいしくなり、青菜の不足しがちな冬にとても重宝し、育てやすい野菜です。

     

    Swiss chard

    スイスチャード Swiss char

    「スイスチャード Swiss char」とは、アカザ科フダンソウ属の一年生作物で、1つの種から赤・黄・白・オレンジ色など綺麗な葉の軸が出来る珍しい葉野菜です。食べられる野菜でありながら、カラフルなのでお洒落に家庭菜園を楽しめます。

    ほうれん草と同じようにおひたしなどの料理にも向いていますが、油と相性のいいので野菜炒めにもおススメです。葉は大きく、サンチェの葉にもよく似ているので、肉巻きも合います。また、ベビーリーフで収穫し、サラダに使うと食卓が多彩な色で華やかになります。

     

    スイスチャードの種はとても固いので、ふやかすことで、芽が出やすくなります。一昼夜、水を含ませた新聞紙の中に入れておくのをおススメします。

     

     

    ご紹介した秋植え野菜は、比較的に収穫までが短く、育てやすさから初心者にも安心して育てられる秋~冬に活用できる野菜です。冬の食卓を、ぜひ家庭で栽培した野菜で彩ってみてはいかがでしょうか?美味しいですよ!!!

     

  • 「ペレニアルガーデン」でちょっと楽にガーデニング♪ (2017/09/29)

    ペレニアルガーデン

    こんにちわ!新建エクスプランニングの渡部(watabe)です。

    こちらページ『スケッチ・ブック』では、ちょっとお庭づくりの豆知識というか‥、お庭づくりのヒント・アイデアに役立てられるコラムにしたいと考えました。

    プランナーそれぞれに得意分野が異なりますが、まずは私より、「ペレニアルガーデン」のお話をさせて頂きます。最後まで読んで下さると嬉しいです。

    *****************************************************************

    「ペレニアルガーデン」という言葉をご存知ですか?多年草や宿根草を中心に作られた庭、これを「ペレニアルガーデン」と言います。いつもよりちょっと楽をしても元気に育つ宿根草を使ったペレニアルガーデンを楽しみませんか?

    ペレニアルは「絶え間なく」という意味で、多年草・宿根草を中心にしてつくる庭のことです。

    植栽のバランスから、多年草・宿根草だけでなく一年草や二年草、球根植物なども混ぜることが多いですが、多年草・宿根草だけでつくることももちろんできます。

    ペレニアルガーデンのメリット

    ペレニアルガーデンのいちばんのメリットは、毎年植える必要がないということです。圧倒的にガーデン作業が楽になるだけでなく、特別なお手入れしなくても毎年きれいに咲いてくれます。

    また、多年草の植物は一年草、二年草とは違って、毎年株が大きくなっていき、剪定をしなくても自然にまとまります。地植えにすれば、肥料や水も頻繁にあげる必要はありません。庭を毎年しっかり綺麗にしてあげたいけど、なかなか時間が足りなくて終わらない!という方は、一部だけペレニアルガーデンも良いですね♪

保証アフター
  • 新建エクスプランニング
  • Tポイントがたまる