厚木・座間・海老名のエクステリア工事・ガーデニング工事

メニュー
メニュー

HOME > スタッフブログ > 「終わりの無い永遠」に、願いを込めて

「終わりの無い永遠」に、願いを込めて

2019/12/13

こんにちわ ♡💙💙💙♡

座間、厚木、海老名を中心に外構とお庭のデザイン&施工の会社(有)新建エクスプランニングの渡部です。

**********************************************************************

12月入ると、一年で一番カラフルで、何だか気持ちが賑わうのがこのクリスマスシーズンですね♪

今月の初めに弊社でも『クリスマスリースつくり」というイベントを開催させて頂きました。

ご参加くださったみな様、本当に楽しい時間をありがとうございました。

**********************************************************************

華やかにリースで飾りつけるお宅も年々増えています。ツリーより場所を取らず、長い期間、楽しめるのもリースの素敵なところです。

**********************************************************************

 

ナチュラルな葉や木の実、ハーブなどの自然素材をふんだんに使ってリースを手作りし、シーズンを待たず玄関に飾り寒い季節の到来を楽しみながら、クリスマス当日を迎えるのはいかがですか。

 

 

 

円形のリースには「終わりの無い永遠」という意味が込められています。

**********************************************************************
リースに使われる葉の緑色には、作物の繁栄の意味があり柊の赤い実は太陽の恵みやキリストの血、寛容な愛を、木の実や果物は収穫やささげ物の象徴になっているのだそうですが、

魔除けの意味もある柊やもみの葉など尖った葉にはキリストの「受難」をも表しています。

**********************************************************************
針葉樹は常緑樹で1年中枯れないことから『生命力と五穀繁栄』を意味します。また、清々しい清涼感のあるその香りには、悪を退散させ、一年の幸せを願う意味も込められています。日本のしめ縄飾りと同じですね。

 

**********************************************************************
ひとつひとつに込められた意味を思いながら素材を選び、手作りのリースを飾ることで家や家族への感謝や祈りを表す事ができるのも良いですね。

 

 

厳密にはクリスマスリースを飾る期間は11月末の日曜日から、キリストが誕生した日をお祝いする「公現祭」1月6日とされています。

 

 

**********************************************************************

日本ではお正月という日本の風習がありますので、しめ縄を飾る時にリースとしめ飾りを掛け変えると良いと思います。

お庭の大掃除の気分転換に、新年への想いを込めて、「終わりの無い永遠」を作ってみませんか?

**********************************************************************

May the seasons you spend (together) add colors to your life.
これから共に歩む季節があなたの人生に彩りを与えますように。

素敵なGARDENライフを★

GARDEN&エクステリアデザイン―新建エクスプランニング―Chinatau Watabe

**********************************************************************

保証アフター
  • 新建エクスプランニング
  • Tポイントがたまる