厚木・座間・海老名のエクステリア工事・ガーデニング工事

メニュー
メニュー

HOME > スタッフブログ > 『あたたかさに救われる冬…。』その1

『あたたかさに救われる冬…。』その1

2020/01/16

こんにちわ ♡💙💙💙♡

座間、厚木、海老名を中心に外構とお庭のデザイン&施工の会社(有)新建エクスプランニングの渡部です。

**********************************************************************

気が付けば、1月半ば、、、今年は特別にあたたかい冬で、我が家の草花たちもなかなか元気な顏を見せてくれています。

 

私は春夏秋冬の中で、晩秋が一番好きなのですが、その次に冬というか、12月~1月が好きなのです。


**********************************************************************
大好きだった父の誕生日月でもありますし、私の大好きな人たちや親友が生まれた季節でもあるので、、。

 

それに、私はクリスチャンではありませんが、この何かときらきらと美しい

Christmasのある、Holiday Seasonはいくつになっても心がうきうきしてしまうのです。

**********************************************************************

でも、、、数年前の冬、大好きだった冬に悲しい思い出が1つ加わってしまいまして…。

 

私からすれば、素晴らしい才能に溢れ、神様の祝福に溢れたような人が、…こころの病から、悲しい選択をしてしまったそんな季節なのです。
だから、美しいものを見るたびに…美味しいものを食べた時…彼が好きだった音楽を耳にした時に…少しだけ切ない気持ちがあふれてきてしまう…そんな季節でもあったりします。

**********************************************************************

『毎日を前向きに、楽しく生きることができたらどんなに素晴らしいことでしょうね?』

**********************************************************************

私たちのそんな願いとは裏腹に、多かれ少なかれ日常の人間関係のしがらみやわだかまりの中で落ち込み、心をすり減らしながら生きているのでしょうね?かくゆう私も、大なり小なり、そうやって生きているのかもしれません。

悲しいことに、ストレス過多な社会と言われ、人生に疲れてしまう人も少なくありません。

正直、年齢を重ねた彼のこれからの活躍や作品を、もっとみて見たかった。

そんな風に願っても、彼は歳をとる事はもうありません…。

 

いま、あなたがいる世界では、苦しみや痛みから解き放たれているのでしょうか?そうで、あって欲しいと願う事しか私には、できる事がありませんが‥‥。
**********************************************************************

ここで、先人たちが私たちに示した生き方のヒントをご紹介したいと思います。

偉大なドイツの哲学者ニーチェや、タモリさんをはじめ、多くの偉人たちが、前向きに生きるためにはある一つのコツがあると言っています。

それは、日本では美徳と思われている、あることをしないというものでした。

**********************************************************************

それはズバリ、「反省」です。意外と思われるでしょうが、ニーチェもタモリも、「反省をしてはいけない」と言う主旨の発言をしているようなのです。

 

ニーチェはその著作の中で、「仕事を終えて、じっくりと反省する。一日が終わって、その一日を振り返って反省する。

すると、自分や他人のアラが目について、ついにはウツになる。自分のダメさにも怒りを感じ、あいつは憎たらしいと思ったりする。

 

たいていは、不快で暗い結果にたどり着く。疲れているときは反省をしたり、振り返ったりするべきではない」と記しています。

**********************************************************************

一方タモリはとあるインタビューで、「いちいちやる気を出して、反省していたら2年でバテちゃいますよ。後に引きずらない。やったことはすぐ忘れる。以上が長寿の秘訣」と述べています。また似たような発言をしている偉人は、枚挙にいとまがありません。

「しっかりと反省して、次への糧にする」と言う価値観の上で生きている私たち日本人からすると、びっくりするような考え方ですが、実はこれらはただの精神論ではなく、科学的にも根拠のある考え方の1つであると言うことも、医学誌等で発表されているようです。

確かに、ただ単に「反省」だけを繰りかえしても、「反省の先」にあるものが、明るいものでない限り、心の安寧につながるとは限らないという事でしょうか?

 

心と身体に負担を掛けないように、楽天的に生きることも、1つの才能なのかもと最近は思うようになりました。
**********************************************************************
それに関連して(?)私は歳を重ねて、『よかった』なって思うことが1つあります。
それは…。嫌なことをいつまでも覚えていることが出来なくなりました(恐るべき忘却力)。

 

若いころは、『嫌なことをされた…言われた…』なんて、いつまでも引きずって、そこに固執してしまう自分がいました。

たしかに、生まれ持った性格もありますから、今もそういう自分は少なからず存在はしています。(ハイ。すみません)

 

でも、老人力と忘却力がパワーアップしている昨今、答えが出ないことにくよくよするパワーすら減少していくことに気がつきます。

クヨクヨする事にも…思い悩むことにも…怒りを持続させることにも…『体力』がいるのです。

 

**********************************************************************

そういう事に体力を消耗してしまうと、日々の普通の生活すら齢50を過ぎると出来なくなるみたいです(私は出来ません)。


だからこそ出来るだけ笑って…、こころ穏やかに、大切な誰かと、大切な時間を重ねていきたいと思っています。

 

2020年の冬…あたたかくしてお過ごしください‥‥。

 

 

**********************************************************************

May the seasons you spend (together) add colors to your life.
これから共に歩む季節があなたの人生に彩りを与えますように。

素敵なGARDENライフを★

GARDEN&エクステリアデザイン―新建エクスプランニング―Chinatau Watabe

**********************************************************************

保証アフター
  • 新建エクスプランニング
  • Tポイントがたまる