厚木・座間・海老名のエクステリア工事・ガーデニング工事

メニュー
メニュー

HOME > スタッフブログ > 息子と包丁研ぎ

息子と包丁研ぎ

2020/04/25

こんにちは、厚木、座間、海老名で庭と外溝の工事をしている新建エクスプランニングの林です。

自宅にいる時間が増えている最近、家の物のお手入れをしているという方は多いのではないでしょうか。

お家の物の中でも、毎日のように使う包丁、お手入れしていますか?私は砥石で自分で研ぎます。

 

定期的に切れ味が悪くなると研いでいるのですが、先日、お肉を切っている時に、なんか違和感・・・

よくよく包丁をふと見ると・・・なんと刃が欠けている!!?

なんてことでしょうか・・・(-_-;)
最近は自宅にいる時間の長い息子たちに洗い物をよく頼むようになり、包丁など、気になるものは洗わないでいいと言っていたのですが、最近は慣れてきたし、大丈夫だろうとやらせていたからか、料理をよくやるようになったからか、私しか包丁を使っていなかった時には考えられない状態( ゚Д゚)

これは、リカバリーが大変だと気合を入れて包丁を研ぐことに。

まずは砥石をしばらく水に付けます。

水から出した砥石はタオルなどを敷いた上に置き、砥石が動かないように固定し研いでいきます。

一定の方向で、一定のリズムで、一定の角度で、ショコショコショコショコ・・・とひたすら無心に研ぎます。

子供の頃に母から習い、結婚し、自分の包丁を持ち始めてからずっと続けている包丁研ぎ。

無心になれるいい時間。

だけれど、研いでいると必ずと言っていいほど息子がやってきます。

「何してるの~?」と毎回聞かれ、「昔話に出てくるね」と言われ・・・

このイメージですね

このイメージですね(笑)

男の子は刃物が好きなんでしょうか?何してるの?の後には「僕もやりたい!」が続きます。

でも、以前ちょっとやらせてみたら、その後の調整に苦労したので、それ以後やらせていなかったのですが、今回、あまり使っていない包丁をやらせてみる事に。

なかなかうまくできませんでしたが、長男は「なんか無心で出来ていいね」と私と同じような感想を言っていたので、包丁研ぎ、気に入ったようです。

今度、彼専用の包丁と研ぎ石でも用意してあげようかと、密かに計画した母でした。

 

 

 

 

保証アフター
  • 新建エクスプランニング
  • Tポイントがたまる