横浜・川崎のエクステリア 工事なら新建エクスプランニング

メニュー
メニュー

HOME > スタッフブログ > GW目前!!私を悩ます『花粉とドライアイ点眼液(ムコスタ)』

GW目前!!私を悩ます『花粉とドライアイ点眼液(ムコスタ)』

2021/04/27

こんにちわ ♡💙💙💙♡ ♡💙💙💙♡

横浜&川崎を中心に外構とお庭のデザイン&施工の会社(有)新建エクスプランニングの渡部です。

**********************************************************************

こんにちわ♪師走のころより悩まされ続けている『ドライアイ』。アイクリニックに通い続けてはや、5か月が経ちました。

 

3月上旬になって『目がゴロゴロする』などの自覚症状収まってきて、先生に『よくなっているよ』って褒めてもらえるかと思いましたが、主治医から言わせると『全然気のせいだし!』『傷はまだかなりある!!』『痛みがなくなったのは、老化で感覚が鈍っただけ!!!』と猛毒を吐かれて涙・・・。

先生…。『老化』ってそんなにハッキリ言わなくても‥‥(-_-;)

 

 

 

 

 

目薬はさらにバ-ジョンアップしたものに変更と相成りました。
**********************************************************************
今、処方されている薬は3種類。

①ムコスタ点眼液
②ジクアス点眼液・3%

③タリビット点眼軟膏・0.3%

 

 

 

 

 

先生に言われた通り、1日4回、ムコスタ点眼液とジクアス点眼液・3%を点し、朝晩とタリビット点眼軟膏・0.3%を、言われた通りに塗りぬりしています。

でも…。処方された薬のうち、ムコスタ点眼液には泣かされました。

このムコスタは牛乳のように白い液体なのですが、点したまま放置してしまうと固まってしまうようで、点したまま寝落ちした際には翌朝瞼が開かなくなり、大量の睫毛とともに白い塊が落下し、私の睫毛の1/2が離脱しました。

それだけでなく、『ものすご~く苦い、液体なんです』

眼に点しているのに、鼻腔に苦みが落ちてくるんです。
なので、食事前や飲料を飲む前には味覚がこの薬の苦みに占拠されるので、点すときは注意が必要なんです。

点眼後、1~2時間の間はずっと苦みに支配されてしまうので、美味しいものもただ『苦い』ものに代わってしまいます。
**********************************************************************

早く良くなって欲しいのですが、ここまで治りが遅いのはやはり原因は『老化&加齢』なのか!?
『老化&加齢』であるならば、うるおいUPのために『ホルモン治療』に突入するしかないのかな・・・?

5月目前・・・また、イネ科の花粉が舞う季節!!!

 

 

 

 

 

かゆかゆで悩まされる季節が目前です…。私の『眼球』に関する悩みは尽きません…。(泣)

 

今日も素敵な、1日を♪

 

 

 

 

**********************************************************************

May the seasons you spend (together) add colors to your life.
これから共に歩む季節があなたの人生に彩りを与えますように。

素敵なGARDENライフを★

GARDEN&エクステリアデザイン―新建エクスプランニング―Chinatau Watabe

**********************************************************************

保証アフター
  • 新建エクスプランニング
  • Tポイントがたまる