厚木・座間・海老名のエクステリア工事・ガーデニング工事

メニュー
メニュー

HOME > 日陰の空間を作ろう

日陰の空間を作ろう 熱射病を防ごう

オーニングやテラス屋根をリビング前の大きな窓の外に設置すると、野外に涼しい空間を作るだけでなく、室内の気温の上昇も防ぎます。
シェードやオーニング、キャノピーなどいろいろな種類がありますが、どれも、昔ながらの「すだれ」や「よしず」と同じ用途の日除けです。
そう考えれば、日本は昔から夏の暑さを軽減させるために、日除けを身近に使っていたという事ですね。

また、おしゃれなオーニングやテラス屋根は素敵なお庭のアクセントにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

お庭で楽しく過ごそうと、ウッドデッキやタイルテラスを造っても夏場は熱くて使えないという話も聞きます。やはりそんな時はテラス上にオーニングやテラス屋根があると違います。
デッキの色を選ぶだけでも暑さを和らげることが出来ますが、やはり直射日光が当たらない所はウッドデッキもタイルテラスも温度が上がりにくいです。
テラス屋根ならば屋根部分の内側にカーテンを付けて日差しをさらに遮ることができます。

また、夏場は急にお天気が変わる事があります。テラス屋根にはオプションで物干しが付けられるので、テラス屋根内に洗濯物を干しておけば急な雨にも安心です。

 

オーニングやテラス屋根などで、日差しを家の外でカットする事によって室内の温度を上げるのを防ぐ効果があります。
冷房費が何もつけていない場合と比べて約1/3になるという研究結果も

オーニングやテラス屋根の素材には熱線遮断タイプもあります。

たとえば、LIXILスタイルシェードの熱戦遮断キャンパスならば、キャンパス生地の裏側の温度を表面より-5度の状態をキープし、涼しく快適な空間をつくります。

 

 

お庭のウッドデッキの一部、リビング前の大きな窓の前ににオーニングを取り付けました。

夏場はオーニングがある所とない所では気温の差がすごくてビックリ!

また、冬場になればオーニングは仕舞う事が出来るので、あたたかい日差しが家の中まで届きます。

季節によって使い分けられるオーニングはおすすめです。

 

 

保証アフター
  • 新建エクスプランニング
  • Tポイントがたまる