厚木・座間・海老名のエクステリア工事・ガーデニング工事

メニュー
メニュー

HOME > スケッチブック > 『ひまわりは東を向く?』GARDENの中で、適材適所に植物を植えるということ。

『ひまわりは東を向く?』GARDENの中で、適材適所に植物を植えるということ。

2018/08/31

前回は植物たちの力を借りて、お庭にかかる時間&ストレスを軽減しましょう!と、『グランドカバー』の広義な面でのメリットを簡単に説明させて頂きました。

今回は、植物を幸せに育てる場所 “適材適所” について、まずもっとも大切なポイントを説明いたします。

What plants need ? 〜植物にとって必要なもの、基本の基本♡
①水 (Water)

②栄養(Nutrients)

③空気(Air)

④光(Light)

⑤温度(Temperature

⑥土(Soil)

上記、いずれもどれか1つ欠けては良好な生育環境とは言えませんよね♡理科で習いました♪ ネッ♡

What plants need

What plants need

 

 

 

 

 

**********************************************************************

植物を健康に、植物にとってストレスの無い環境で育ててあげることは、そこに暮らす人にとっても、ストレスフリーな空間になります。庭という限られた空間の中に存在する自然の法則や、置かれた生育環境の中から、そこに置かれる植物達のベストな状態を見い出してあげることが何より、まず大切だと考えます。

Light&Air&Temperature

Light&Air&Temperature

 

 

 

 

 

 

 

そのためには、まず、迎え入れる植物達の特徴を知らなくてはなりません。

植物を調べると、多くの図鑑に植物の特徴について詳しく説明がありますが、その中で環境・適所の項目には、『日向・半日蔭・日陰』という記載があるかと思います。その意味は、おおよそは表記通りに『日向・半日蔭・日陰』で間違いではないのですが、、、

『ひまわりは東を向く』?『ひまわりは太陽に向かって咲く』?そんなことを耳にしたことはございませんか?

Water&Soil&Nutrients

Water&Soil&Nutrients

 

 

 

 

 

 

 

広義な意味で答えるならば、両者共に正しい言えますが、狭義な意味で答えるならば、両者ともに間違えと言えなくはないのです。

え?どいういうこと?

たとえば、東側に林や家があって東からの太陽の光が当たらない場所のヒマワリは西を向いて咲きます。

**********************************************************************

植物の茎の先端が光のほうに向って伸びることはご存じと思いますが、ヒマワリがどちらを向いて咲くかは、実は『光』の指す方向に関係します。

『光』が多く来る方向に向いて咲き、光の来ない方向に向かって咲く事は少ないのです。

けれども、東側に光を遮るものがある場所では「西」を向いて咲きます。

では、何もない広々とした場所にあるヒマワリならばどっちに向くのでしょうか?

 

 

 

 

この場合は「東」を向いて咲きます。

実は太陽の光の中には私達には見えないけれど、西から指す日差しには光を遮るものがあるようなのです。植物が光の方に向って伸びる時、植物が感じているのは『青い色の光(スペクトル)』が関係していると言いますので、広々とした場所に生えているヒマワリが東を向いて咲くのは、西からの太陽の光の中の青い色の光を遮るものが、太陽とヒマワリの間にあるからだと考えられています。

 

また、植物によって多少差異はありますが、多くの植物は午前を中心活発に光合成を行うので、午後や夕方の光より、朝陽が指す方角『東からの光』を好むと言われています。

もちろん、光合成は午後にも行いますが、むしろ午後は代謝に忙しくなり、強すぎる光は光合成を邪魔な要素もあるため、一般的に植物にとっては『西からの光より東からの光が望ましい』と考えるのが自然なのです。

 

つまり、単に光が当たる時間の量で『日向・半日蔭・日陰』と区分しがちですが、植物や樹木を適材適所で育てるには、光が指す時間帯にも配慮が必要とも言えるのです。

 

 

 

 

 

『育てやすい植物』でも、乾燥に弱い植物ならば、西日が当たる場所への植栽は控えるべきだし、もし、『日陰に強い植物』と記載があったとしても、風が全く吹き抜ける事がない室内や、四方が壁なので囲まれた空間では、光合成が著しく低下するので、健康に育つ環境とは言えなくなります。

生き物ですから多角的な状況・環境の判断が大切だったりしますが、植物は素直ですのでこちらが気を掛かるほど、ちゃんと応えてくれます。無言のメッセージではありますが、私たちに大切な何かを教えくれる大切な存在である事は間違いありません。

 

素敵なGARDENライフを

**********************************************************************

GARDEN&エクステリアデザイン―新建エクスプランニング―Chinatau Watabe

保証アフター
  • 新建エクスプランニング
  • Tポイントがたまる