厚木・座間・海老名のエクステリア工事・ガーデニング工事

メニュー
メニュー

HOME > 植物図鑑 > おすすめのシンボル・ツリー > 梅雨空のガーデンに映える白い花『ヤマボウシ』

梅雨空のガーデンに映える白い花『ヤマボウシ』

  • Kousa dogwood
    ヤマボウシ&美しい樹形
  • Kousa dogwood
    涼やかな花
  • Kousa dogwood
    涼やかな花苞
  • Kousa dogwood
    雨のしずくも美しい
  • Kousa dogwood
    斑入りの品種
  • Kousa dogwood
    まだ青い実
  • Kousa dogwood
    青空に映える赤い実
  • Kousa dogwood
    紅葉も美しい
  • Kousa dogwood
    生色でもジャムでも♪
 ヤマボウシ 
   ミズキ科/ミズキ属

【別名】山法師、山帽子
【学名】Benthamidia japonica
【形態】落葉高木
  
【花期】5~6月
【環境】陽樹(西日は避ける) 
【樹高】5~10m
【用途】花木・シンボルツリー
育てやすさ
  • 特徴
    ヤマボウシは中国、朝鮮半島、日本の本州から琉球列島に分布し、江戸時代には欧米へ渡り観賞樹木として栽培されています。 

    同じ属のハナミズキに比較すると開花時期が遅く、葉が出たあとに枝先に開花するので華やかさは少ないのですが、梅雨どきの花木としては鑑賞価値が高い存在です。

    花期は5〜6月頃で、球状の淡い黄色の花を咲かせますが、花のように見えるのは本来の花弁ではなく、ハナミズキと同様、総苞片(花のつけ根の葉)です。 球状の花を坊主頭に、白い総包片を頭巾に見立てて、ヤマボウシ(山法師)といいます。

    果実は8月から9月に紅橙色に熟し、果肉は粘質で甘く生食できます。花も実も楽しめる落葉樹で、ヤマボウシの実は甘く、ジャムにすると格別です。

    自然に樹形が整い、幹肌が鹿の子模様になることから、個人庭園のシンボルツリーや景観木、公園木のほか街路樹としても広く利用されています。 

    また、ヤマボウシは、さわやかで落ちついた印象のある白い花が特徴ですが、その花の色にぴったりな”純粋″さを感じさせる花言葉が『友情』です。大切な友人へのプレゼントや記念樹としても人気が高い樹木です。

お庭づくりと植物のことなら当店へ!

その他の植物図鑑

保証アフター
  • 新建エクスプランニング
  • Tポイントがたまる